ダンスィン タ-イム

こにゃにゃちは。

先週末の学校帰りに、東京沙漠とは思えぬ、すごいのがありました!

e0254606_174013.jpg


e0254606_1740461.jpg


大人になっても、こういうものを作ろうと張り切れる、 遊び心のある人は
素敵だなあと、ちょっとグッと来ました。

そんな熱い気持ちを胸に 帰宅したところ、
長女が、youtubeで、お気に入りの音楽を聴かせてくれと、せがんできました。

自称オンガク上級者のワタクシに言わせますと、
これは、この上なくスタイルのないチャラい若者向けの
だちゃいクラブミュージック(失礼!)なのですが

そこらへんの若者の間では、これ系がいま人気があるのです。

で、たぶんそういうティーンエイジャーのお兄ちゃんお姉ちゃんのいるクラスメートなどが
こういった音楽を、覚えるようで
まだ7歳なのに、なぜか娘も知ってしまい、せがんでくる始末

け、けしからんっっ!!

LMFAO Party Rock Anthem



しかし、娘が好きなものを、露骨にバカにしてはいけない、
あの巨大なかまくらや、雪だるまをつくった素敵なオトナたちのように
わたしも気持ちを若くせねば!

と、反省して、一緒に聴きました。

このPVをご覧頂くと分かるのですが、登場する人たちが踊っているダンスのステップは
「ランニング・マン」

ワタクシがティーンエイジャーの頃からある、基本のステップでして、
では、この踊り方を娘に教えてあげよう、と、思いつきました。

長女への特訓開始!

簡単なのですが、7歳には、最初ちょっと難しいみたい。
ですが、やたら熱心に練習しています。

e0254606_17401012.jpg


わたしも、熱くなって参りましたのです。

e0254606_17401377.jpg


なぜか、たまたま遊びに来ていた私の母も参戦

e0254606_1740781.jpg


そして特訓を小一時間、長女が、とうとうランニング・マンをマスター☆

e0254606_1740174.jpg


私も不覚にも、ノってしまいました。

e0254606_17402062.jpg



そんな私を見ていた母は、すかさず私に、

「あなたは、ダンスを習っていたっけ? どうしてそんなに踊れるの?」

と、尋ねて来たので、

「え、こんなの全然、大したことないよ、18歳の頃、六本木でよくミナちゃんと。。。」

「あー!あんたは、こんなことばっかりやってたのね!?」


と、40歳にして、

親にバレました。



ところで、その、六本木でよく一緒に踊っていたミナちゃんは、

私の高校時代の同級生だったのですが、厳格な女子校にイマイチ馴染めないモノ同士

放課後には日焼けサロンに行き、

受験が終わると夜な夜な六本木へ通い、

一緒にハワイ旅行に出かけたりしました。


そんなミナちゃんが、日本の大学が退屈になり、途中で突然単身渡米し、
奨学金で現地の大学院を卒業し、

帰国子女でもなんでもなく、成人して初めて渡米し一から英語を学んだ彼女が、
今やアメリカの小学校で全教科を教え、
同僚にも一目置かれて、指導要項の監修にもあたるほどの、優秀な先生で
アメリカ人のご主人と二人のお子さんのいるママです。


ですが、やはりミナちゃんだけありまして、
小学校で、ダンスパーティーのようなものがあると
昔の血が騒ぎ、身体が勝手に動いて、

ものすごくダンスをするそうです。

アメリカ人の生徒たちも、あまりの先生の豹変ぶりに、ぽかーんと、するみたいです。

で、

「オ バ サ ン で、こんな踊る人は初めて見た」

と、つぶやかれるとのこと。


ミナちゃんには、50になっても60になっても、ぜひとも
そのままで、いてほしいものです。


私も頑張る所存です。
[PR]
by mikiko_tago | 2013-01-22 18:43 | Mingle-mangle | Comments(0)