るーちゃん自転車GO!

こにゃにゃちは。

先月4歳の誕生日を迎えた次女は、
デンマークの家族から、自転車をプレゼントされました。

自動車メーカーがなく、べらぼうに自動車の関税が高く、
そして、山がなくて平坦な土地柄から、デンマーク人と自転車は
切っても切れない、強ーい絆で結ばれております。

デンマークでは道路も整備されていて、車道と歩道の間に、きちんと自転車レーンがあります。

e0254606_1545556.jpg



遠い昔、小学校の交通安全教室で教わった、右左折時の手サインなども
オトナもしっかり行い、びゅんびゅん走っています。


夫も、そこらへんは典型的なデンマーク人で
エコで気軽な移動手段として、自転車を非常に愛しています。

デンマークの家族から預かったお金を持って、自転車やさんへ連れて行ったところ
次女は、Bianchiの自転車を選びました。

e0254606_1541279.jpg



4歳になるまえからも、神宮外苑に、自転車を貸りて乗らせてもらえる所があるので
夫は娘を連れて頻繁に出かけ、長女の自転車の特訓のついでに、
次女も補助輪付きのものを ちょこっと乗ったりしていました。

神宮外苑サイクリングコース↓  乗り方教室もあるみたいです。
http://www.j-cycling.org/jingu.html


そんな夫は、自転車を買った瞬間に、次女の同意も得ず補助輪を外しました。

いくら4歳でも、カッコ悪くて邪道らしいです。
自転車の国の男として、許せないものがあるのでしょうか。


そして、毎日の猛特訓が始まりました。

どうしてここまで熱くなれるのか、私にはさっぱり理解出来ないので
興味なさそうにしていると、

「僕にとっては大事なことなの! るーちゃんは4歳になったばかりなのに
秋の新学期には、補助なし自転車でさっそうと通学しちゃうんだ。。。(妄想)
んん〜 なんてクールなんだ!!!そう思わないの!?」

と言われ、
言い返す気にもなれませんでした。

私にとっては、どの子が補助輪有りでどの子が補助なしかなど、
全くもって取るに足らないことでして、そんなことは考えたことも気づいたことありませんでした。

これぞ価値観の違いです。


ですが、次女も、面倒そうにしながらも、意外にも、父親の熱意に引っ張られ
猛暑の中、毎日10分、こつこつ頑張って

乗れるようになりました。

e0254606_1541713.jpg


e0254606_154219.jpg



夫が夢にまで見た 次女の補助輪なし通学、もうすぐ叶いそうです。

次女の頑張りは、もちろん素晴らしいですが、

夫の妄想のように、めざとい誰かが、
「る、るーちゃん!! 確かキミは4歳になったばかりなのに、まさか補助輪なし自転車に
乗れるのかい!??」などと

声をかけてくれる人は、そういないと思われます。

表参道の街でこの父娘を見かけた方で、一日一善を心掛けている方が
いらっしゃいましたら、
そんなふうに、声をかけてあげて下さい。

たぶん夫は一生喜ぶと思います。
[PR]
by mikiko_tago | 2012-08-28 15:31 | Family | Comments(0)